大阪・西宮・京都でパーソナルカラー&パーソナルデザイン診断。一人ひとりに似合う服(色・柄やテイスト・素材・体型に合うシルエットなど)を分析し、無駄なくセンスの良い大人のクローゼットへ導く個人サロンです。「年を重ねるほどステキな女性」を目指して。

パーソナルカラー診断

パーソナルカラーとは?

その人の持つ美しさ、魅力を引き立てる色のことを「パーソナルカラー」と言います。

パーソナルカラーは、生まれ持ったボディカラー(肌・瞳・髪の色)によって人それぞれ異なり、一生変わりません。日焼けしても、何歳になっても、ずっと活用できるのです。

パーソナルカラーを身につけると、以下のような効果があります。

——–
透明感のある美しい肌に見え、実年齢より若く見える
しみやシワ、法令線が目立たなくなる
フェイスラインがすっきりとし、小顔に見える
髪つやがよく、瞳がキラキラと輝いて見える
全体の調和がとれ、洗練されておしゃれに見える

——–

パーソナルカラーでわかること

パーソナルカラーの各タイプには、代表40色があります。
その中には、紺・茶・グレー・ベージュなどのベーシックカラーもあれば、差し色に効果的なアクセントカラーもあります。
これらを組み合わせれば、簡単にセンスの良いコーディネートができます。

ベーシックカラー

また、自分に似合う金属がゴールド系シルバー系かもわかりますので、時計やアクセサリーを選ぶ際にも迷わなくなるでしょう。

金属の色

パーソナルカラー4つのタイプ

パーソナルカラーは、「ベースカラー・鮮やかさ・明るさ」によって、4つのグループに分類しています。各タイプの詳細は以下の通りです。

春(スプリング)
春の例
イエローベース (明度)高い (彩度)高い
黄色みがあり、鮮やかで明るい色の多いグループ。
明るく若々しいイメージ。

秋(オータム)
秋の例
イエローベース (明度)低い (彩度)低い
黄色みがあり、濃くてくすんだ色の多いグループ。
シックで落ち着いたイメージです。

夏(サマー)
夏の例
ブルーベース (明度)高い (彩度)低い
青みがあり、薄くくすみのある色の多いグループ。
ソフトで優しいイメージ。

冬(ウィンター)
冬の例
ブルーベース (明度)とても高い・とても低い (彩度)高い
青みがあり、とても濃くて鮮やかか、とても薄くてクリアな色のグループ。
ビビッドでクールなイメージ。

「似合う色」と「似合わない色」で顔色はこう変わる

色によって顔うつりがどう違うのか比較してみます。
各タイプの口紅・チークのポイントメイクを施し、ドレープをあてました。
まずは似合う色をご覧いただきましょう。

●似合う色(冬タイプ)冬タイプ

肌に透明感があり、フェイスラインがキュッと引き締まって、生き生きした印象です。
とても濃いワインレッドの口紅を塗っていますが、口だけ派手にならず、お顔全体が調和しています。
布もキレイに見え、高級感があります。


次に、似合わない色の例です。

●似合わない色1(夏タイプ)夏タイプ

笑顔なのに顔色が冴えず、弱々しい印象ですね。
パステルピンクの口紅をしっかり塗っていますが、メイクしていないように見えます。
布の色もぼんやりとして存在感がありません。


●似合わない色2(春タイプ)春タイプ

黄ぐすみした顔うつりで、野暮ったい印象になっています。
オレンジの口紅やベージュの布が、肌の色と同化してしまいました。



●似合わない色3(秋タイプ)秋タイプ

肌の透明感が消えて、マットな印象。
布の色のくすみを強く感じます。
顔よりも布に視線が向いてしまいます。

こんな風に、色を変えるだけで雰囲気が変わります。
パーソナルカラーを知ると今まで知らなかった「本当の美しい自分」に出会うことができます。きっと鏡に映るご自分の姿にハッとするでしょう。
自分を一番ステキに見せる色、パーソナルカラー診断で一緒に見つけましょう!

≫STEP2 パーソナルデザイン診断へ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Best Color Impact All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.