こんにちは、杉田です。
最近はいろんな所でパーソナルカラー診断が受けられますね。

その一方で、たくさんのサロンの中で何を基準にを選んだら良いか悩む声もあります。
そこで、今日はパーソナルカラーサロンの選び方について書こうと思います。

まず、パーソナルカラーの資格は法制化されているわけではありません。

ですので、「何をどれだけ勉強しないといけない」という基準がありません。
極端に言うと、布を何枚か準備するだけで「パーソナルカラー診断」と名乗れてしまうということです。

つまり、コンサルタントになる過程や腕前も人それぞれ。

正確に診断できる技術をもったサロンかどうか、自分で見極めることが大事です。

プロの視点から、最低限ここだけはチェックしてほしい、という3つのポイントをまとめました。

(1)ノーメイクで診断する
(2)自然光で診断する
(3)布製の色見本


それでは、順番に説明していきますね。

(1)ノーメイクで診断する

パーソナルカラーは、カラードレープをあてたときの顔色の変化を見極めます。
なので、ファンデーションをつけた状態だと、診断結果が変わってしまうことがあるんです。
たとえ色つき日焼け止めでもメイクオフする、くらい慎重になって診断してくれるところが良いと思います。

(2)自然光で診断する

パーソナルカラーは自然光で診断します。
太陽の光と蛍光灯の明かりでは、色の見え方が違う場合があるんです。
ですので、私も日当たりの良さを最優先に考えて場所を選んでいます。
窓のない環境でのパーソナルカラー診断は、やめておきましょう。

(3)布製の色見本

紙ではなく布の色見本をもらえるところをおススメします。
糸そのものを染めている布に対して、紙は白の上からインクをのせている状態。
薄い色や、色のくすみの違いはわかりにくくなります。

私も最初に受けた時に紙の色見本を頂いたのですが、選び間違えていたものが多くありました。
また、紙は10年、20年経つと色が変わってしまいますので。

色見本さえもらえないところは・・・おススメできません^^;

ちなみに、当サロンはこの3つはもちろんクリアしていますよ♪

参考になったでしょうか?

大切なサロン選び。受けた後で失敗したことに気づいても遅いです。
「安いから」「近所だから」と簡単に決めず、信頼できるサロンを選んで下さいね^^

パーソナルカラー&デザイン診断
「ベストカラーインパクト」

【営業時間】10~17時 土日祝も営業
【アクセス】出張制(JR新大阪・JR甲子園口ほか)

| ホームページを見るメールをする | メニューアクセス | お客様の声