大阪・西宮・京都でパーソナルカラー&パーソナルデザイン診断。一人ひとりに似合う服(色・柄やテイスト・素材・体型に合うシルエットなど)を分析し、無駄なくセンスの良い大人のクローゼットへ導く個人サロンです。「年を重ねるほどステキな女性」を目指して。

兵庫県・Y様にインタビュー

兵庫県・Y様にインタビュー

コンサルティングをご利用いただいているお客様の中でも、特に勉強熱心なY様。
診断後にお買物同行を2回(冬・夏)受けられました。
また日頃はアイテム選びや活用の相談をいただき、その内容から着実に服選びの力をつけられている様子がうかがえます。
受診から1年経ち、どのような変化があったかインタビューを行いました。

IMG_1775300

―受ける前の服選びはどんな感じでしたか?

昔はデニム・パーカーなどのカジュアルな服が好きでした。ミニスカートも履いていました。
でも40歳を過ぎたくらいから「顔と服が合ってないな」と思うようになり、自分が考える大人っぽい服(飾りがないシンプルなVネックや、シュッとしたキレイ目なパンツ)を選んでたんですけど、鏡で見てもイマイチな感じで。
着ててもあまり楽しくないし、似合っているかもわからないし、余計にオバサンぽく見える気がして。

それで「何を着ればいいのかな?」と思って悩み始めた時に、パーソナルカラーなどの存在を知りました。“年をとっても変わらない”と書いてあったので、それを知れば選び方がわかるかな?と思いました。

―たくさんのサロンの中からベストカラーインパクトを選んだのはなぜでしたか?

色にも興味があったんですけど、デザインに興味がありました。
骨格診断の本とかも見たんですけど、タイプが3種類で、どれも違うような気がしました。パーソナルデザインはタイプが6種類だったので、「こっちの方が面白そう」と思いました。

―見つけてからすぐ予約しましたか?

1ヶ月くらいは考えたと思います。興味はあるけど、お金もかかるし、ブログを読みながら考えていました。
そしてすぐに申し込まずに、まず「どんな感じかな?」と思って問い合わせをしました。
その返事をいただいて「大丈夫そうだな」と思って申し込みました。

―カラーもデザインも初めての診断だったと思いますが、実際に診断を受けてみてどうでしたか?

パーソナルカラーやパーソナルデザインについて、ブログは読んでましたが、どんな結果になるか予想やイメージは考えずに行ったので「思った以上に詳しく見てもらえるんだな」と思いました。時間も長いですし。

行く前は「本当にそんなのわかるのかな?」とちょっと思ってました(笑)
「他の人はわかってるけど、私は本当にわかるのかな?」とか思ってましたね。

―ちなみに杉田に実際会ってみて、写真で見た感じとギャップはありましたか?

インターネットで見た感じはフェミニンなイメージでしたが、実際にお会いした方が強さというか、仕事に対する姿勢を感じました。優しいだけじゃなくて強いという印象があります。
あと、写真で見たイメージよりも背が高いと思いました。

―服選びで変わったと実感しているところはありますか?

化粧品は教えて頂いたので、どれを選ぶか悩まなくて良くなりました。
服も何を選ぶか基準を言ってもらえたので、迷う幅が狭くなりました。パーソナルカラーやパーソナルデザインを知らなかったら今でも迷ってたと思います。
でも昔は迷った結果「紺と白」とか、「シンプルで無難」のように極端に狭くしていたので、広くなったとも言えます。

あと服やアクセサリーを選んだり、買い物に行くのが楽しくなりました。
以前は、何を買えばいいのかわからなくて途方にくれて「誰かが全部選んでくれたらいいのに」とも思ってました。
でも今は、キュートと診断していただいたことが大きいと思うのですが、自分がかわいいと思えるものを選んでいいということが嬉しく思います。
以前は、かわいいものはもう選べないと思っていたので。

でも選ぶ基準が分かってきたことで、逆に適当に選べなくなって、なかなか買うまでに至らないですが…

―9月に診断を受けられて、あとから申し込みをいただいて11月にお買物同行でしたね。

自分で選ぼうとすると自信がなくて、わからなかったのでお願いしました。
「冬になる前に冬服が買いたい」と思った時に、一緒に選んでほしいと思いました。
色は色見本手帳があるけど、デザインは何となく雰囲気はわかったけど、具体的には実際に見て教えてもらわないとわからないと思って。
一度くらいは一緒に行ってみたいと思ってお願いしました。

―たくさん買いましたね(笑) はじめはコートも買うつもりなかったですよね。

コート買うつもりはなかったですね。あとパンツが多いとお話したのでスカートも選んでもらいました。予算オーバーしましたが、コートはだいぶよく着ました。
買ったスカートもお出かけの時はだいたい履いていました。友達に「スカート可愛いね。どこで買ったの?」とか言われましたね。
当日は買わなかったけど、あとからペンダントなども買いました。

―次は5月に夏物のお買い物も行きましたね。

夏物は前年にたくさん処分していて、手持ち服が少なかったのでお願いしました。
その日はあまり買わなかったけど、あとからセールなどで結構買いましたよ。

―お買物同行は2回受けて良かったですか?

いろいろ聞くたびに「あぁそうなんや」と発見があります。
1回目は普段着れるような服と言っていたので結構シンプルなものを選んでいただいたんですけど、2回目はお出かけに着る服にと言っていたので柄のブラウスやレースなど自分で選ばないものを選んでいただいたので、「こんな服選んでいいんだ」という驚きがありました。

―1年前と比べて自分で選ぶ目はついたと思いますか?

探し方とか、基準が分かった気がするので、何もないところから選ぶよりはうまく選べる気がします。
まだ自分ではそんなに選んでいないので、自信がない時はメールで教えて頂いたりしながら選びたいと思います。

―これからの課題はありますか。

春と秋はお買物同行に行っていないので昔の手持ち服を着ているのですが、地味なので何かアクセントが欲しいですね。
あと単体では分かるんですけど、組み合わせは難しく感じます。ベージュとブラウンばかりもおかしいし、色が増えすぎてもまとまりがない感じがしたり、難しく感じています。

―色だけでなく素材も関係あるかもしれません。今後の課題ですね。
メールでの相談もよくいただきますが、アフターフォローがあると良いですか?

メールで相談できるのはすごく良いと思います。
たくさん質問していますが、ぼんやりとした抽象的な質問もきちんと答えていただいています。

―けっこう長文の返事もしますが、細かすぎたりしませんか?わかりにくくはないですか?

長いと感じたことはないです。ちょうど良いと思います。どちらかというと分かりやすいです。
お買い物に行った時にも一度聞いたような内容を何度も説明していただいています。
後で読み返して「なるほど」と思ったりしています。何度も読んでいれば頭に入ってきて、選ぶときに役に立つのかなと思います。

―これから受けられる方へのメッセージはありますか?

服に関心のない人には無理にすすめませんが、ちょっと悩んでたり、もっとオシャレになりたくてモヤモヤしている人は、一度自分の固定観念は忘れて診断に沿ってみたら良いと思います。
「似合っている」と感じれば、毎日気分よく過ごせたり、仕事に行けたりすると思います。
昔と体型も違いますが、鏡を見ても自分のコンプレックスが気になりづらくなる服装です。顔も気になるところはありますが、教えて頂いた口紅をつけると目立たなくなります。
他人から見てどうかも大事ですが、自分がそう思えたら自信のない気持ちが減ると思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Best Color Impact All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.